AGAの薄毛を改善する育毛剤ランキング

AGAの薄毛を改善する育毛剤ランキング

 

 

男性が薄毛に悩む場合、そのほとんどが男性型脱毛症(AGA)だと言われています。

 

しかもAGAの原因は頭皮環境ではなく男性ホルモンの影響によるものですから、薬品か育毛剤でしか対抗できないという事実があります。

 

ただ、薄毛対策のための薬品には副作用が強いもの、その後の生活に深刻な影響を与えるものもありますから、服用には十分な注意が必要になってきます。

 

その点、AGA用の育毛剤には薬品のような副作用の恐れもなく、安心して使えるものがほとんどです。

 

配合成分次第ではプロペシア(薬)と同じくらいの育毛・発毛効果が期待できるものもあり、薄毛の悩みを解消できる可能性は高いのも選ぶ上での大きなメリットです。

 

 

 

AGAの薄毛を改善する育毛剤ランキング

 

 

こちらでは、そんな男性型脱毛症(AGA)の改善に特化した育毛剤をご紹介します。

 

信頼できるアイテムを使って薄毛対策を始めたいなら、この中から選べば間違いありません。

 

 

チャップアップ

 

 

 

有効成分の豊富さ、販売実績、リピーターの多さなど

 

死角がなく信頼度抜群なのが第一位のチャップアップです。

 

これまでの販売実績とリピーターの多さから信頼度抜群です。

 

AGAに対応する成分だけでも「オウゴンエキス」「チョウジエキス」「ビワ葉エキス」「ヒオウギエキス」など多数で、

 

発毛促進成分としては、「センブリエキス」「ニンジンエキス」海藻由来エキス「M-034」などが充実配合されています。

 

さらには、髪の毛の原料となるアミノ酸類も豊富。

 

正直、欠点がなく、薬品以外の育毛アイテムとしては最強だと太鼓判が押せます。

 

コスパの良い定期便をおすすめしたいところですが、まずは1本を単品で購入して使い心地を確かめるのもいいでしょう。

 

 

 

 

ポリピュアEX

 

 

 

ポリピュアEXも知られた育毛剤ながら、魅力はそのコスパの良さです。

 

AGA抑制成分や、頭皮ケア成分、さらに独自開発成分を配合しながら、2か月分で6,800円は本当にお買い得。

 

“安くて効果が期待できる” そんな育毛剤を探しているなら、有力な選択肢になります。

 

 

 

 

イクオス

 

 

 

人気度、有効成分の豊富さでチャップアップに次ぐ存在なのがイクオスです。

 

頭皮への浸透力を高めるために「低分子ナノ水」を採用しているのが特徴です。

 

 

 

 

 

AGA(男性型脱毛症)の原因と特徴

 

AGA(男性型脱毛症)は若年性脱毛症、壮年性脱毛症とも呼ばれる、いわゆる「若ハゲ」のことです。

 

日本人男性の3人に1人が悩んでいるといわれています。

 

年と取ると髪の毛を作り出す毛乳頭の働きが弱まるため、どうしても毛は薄くなり、髪の伸びも遅くなってきます。

 

この「老人性脱毛症」は誰にでも起こりうるもので、加齢による自然な身体の変化だといえます。

 

これと同じ脱毛症状が若い時期に起こるのがAGAです。

 

AGAは早い人では10代後半から現れ、30代になると抜け毛が急増するという特徴を持っています。

 

AGAになる原因

AGAの原因は大きく2つあるとされています。

 

遺伝によるもの

 

ホルモンバランスの崩れによるもの

 

遺伝的なものとは「毛乳頭が早い時期から衰え出す体質」を受け継いでいるということです。

 

遺伝体質は必ず現れるものではありませんが、症状が現れる可能性は高くなると言えます。

 

男性ホルモンの過剰分泌は、毛乳頭から毛母細胞への栄養分の補給を妨げてしまいます。

 

毛母細胞で頭髪の元となるタンパク質が作り出せずに、だんだんと細く弱い毛しか生み出せなくなっていきます。

 

この状態が続くことで徐々に毛髪自体の生成が難しくなり、毛が薄くなっていくのです。

 

若ハゲが男性ホルモン過剰の証だと言われるのは、こういった事情があるためです。

 

AGAの特徴

AGAの薄毛進行は特徴的で、最初に前頭部(生え際)の左右の毛が抜け始めます。

 

それが次第に後退して、おでこがだんだんと広くなっていきます。

 

これは悪性の男性ホルモンに、前頭部から頭頂部にかけての髪の毛を抜けやすくする性質があるためだとされています。

 

「髪の毛が濃い人は女性ホルモンが多い」と言われますが、これもホルモンのバランスが関係しているからです。

 

男性の体にも女性ホルモンと男性ホルモンの両方があり、どちらが優位かによってそのバランスが決まります。

 

どちらかのホルモンが過剰になるとバランス異常が起こり、身体にさまざまな影響が出てくる・・・ということになるわけです。

 

実際にも女性ホルモンは、前頭部から頭頂部にかけての髪の毛を抜けにくくする役割をすると言われています。

 

 

 

女性もAGAになることがある?

 

AGAの症状は女性に出てくることもあります。

 

特に高齢期の女性に現れやすいようです。

 

女性は高齢期になると女性ホルモンが急激に減少します。

 

そのために男性ホルモンの働きを抑えきれなくなって、AGAが現れてしまうのです。

 

女性の場合、AGA自体を若い頃に発症していても、その症状を実感するのは高年になってからになることが多いようです。

 

女性のAGA症状の現れ方は男性と違い、毛髪が頭頂部から徐々に全体的に薄くなり始めます。

 

それに加齢による薄毛が重なって起こることも多く、女性のAGAは改善が難しいとされています。

 

AGAは症状が進んでしまうと、発毛機能自体が失われるため、手の打ちようがなくなってしまう深刻なものです。

 

その症状に気づいた時点からの、早め早めのケアが欠かせないものとなります。

 

 

 

AGAとはどのくらい抜け毛が進んだ状態をいうの?

 

正確に言えば、AGA(男性型脱毛症)は病気とは言えないものの、特有の病態であるためクリニックなどでは医学的に診断を下すことになります。

 

そこでポイントになるのが、「どのくらい毛が抜ければAGAと診断されるのか?」というところです。

 

AGAは髪が抜ける部位が前頭部と頭頂部に限られているのが大きな特徴です。

 

そのため男性型脱毛症の診断を下す基準については、「額の生え際から頭頂線までの距離」が診断の指針となります。

 

※頭頂線:耳孔(耳の穴)と頭頂を結ぶ仮想の線

 

アメリカの皮膚科医 J・B・ハミルトンは「角額(額の生え際)の先端が、頭頂線の前方3センチを越えて後退を示す」場合を男性型脱毛症の定義としました。

 

それをのちに、植毛外科医のOT・ノーウッドが“2センチ”に改定したものが、現在もAGAの診断基準とされています(「ハミルトン・ノーウッド分類」)。

 

 

 

AGA薄毛対策にチャップアップが有効なワケ

 

 

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制できていないことで起こる男性型脱毛症は、生活改善だけで対応するのは非常に困難。

 

ですから、薄毛進行を食い止めるにはAGAに対応した育毛ケアが重要になるのですね。

 

それを実現する成分がしっかりと配合されていて、脱毛症状に悩む男性たちから好評を得ている育毛剤が【チャップアップ】です。

 

AGA専門クリニックやプロペシアなどの育毛薬品もありますが、高額なコストや副作用が不安で踏み切れない人は実際のところ多いです。

 

そんなときに頼りにしたいのが医薬部外品の育毛剤。

 

チャップアップの主成分M-034は、天然由来の原料からできた人体への害がほとんどない育毛成分です。

 

そんな頭皮に優しくDHT生成を抑制する成分が含まれていることから、AGA改善法としてチャップアップを使った育毛・発毛ケアが人気を集めているのですね。

 

また、この育毛剤には、DHT生成を抑えるための「オウゴンエキス」「亜鉛」「ノコギリヤシ」といった有効成分もバランスよく充実配合されています。

 

業界最大級の育毛成分量もチャップアップの魅力であり、実感力の証。

 

薄毛の原因をつぶしてAGAを克服するためには、育毛薬と同等の育毛パワーが必要であり、それを実現している育毛剤がチャップアップだということです。