女性ならではの抜け毛・薄毛の原因と進行の仕方

女性ならではの抜け毛・薄毛の原因と進行の仕方

 

最近では20代、30代の女性にも抜け毛・薄毛の髪のトラブルに悩まされている人が多くなっているといいます。

 

以前は薄毛というと40代以降の女性に多かったものですが、生活環境の多様化によっていろいろな原因が出てきているようです。

 

女性ホルモン分泌量の減少

年齢を重ねるほどに女性ホルモンの分泌量が減ってきて薄毛の原因となります。

 

ただ最近は若い女性でも、行き過ぎたダイエット・睡眠不足・仕事や人間関係のストレス・飲酒・喫煙などによってホルモンバランスが崩れ、ヘアサイクル(髪の生え変わり期間)を短くしてしまっているようです。

 

パーマやカラーリング

頭皮の健康を保つことが育毛には欠かせません。

 

しかし、パーマやヘアカラーなどのおしゃれ染め、間違っておこなっているヘアケアが頭皮にダメージを与えることもあります。

 

それらが原因となって、皮膚に炎症が起きたり頭皮環境が悪くなることで、抜け毛が増えることもあるようです。

 

このように抜け毛・薄毛が起こる原因もさまざまで、幅広い年齢の女性が悩まれているといいます。

 

 

 

女性の薄毛の傾向

 

以前までは薄毛の悩みというと男性のものという風潮がありました。

 

男性は年が進むにつれて。ハゲや薄毛で悩む人が増え始めます。

 

女性にとっても髪が薄くなること、ヘアケアのいろいろな問題が発生することがあります。

 

年齢をますごとに髪の中にに白いものが交じり始め、抜け毛が増えてきて頭髪のボリュームが減ります。

 

白髪であれば染めることで対応できる部分もあります。

 

ですが、薄毛の場合には白髪のように染めて誤魔化すということはできません。

 

人間の髪は抜ければ、また新しい髪の毛が生え変わってくるものです。

 

しかし、年をとって髪が抜けた場合、ホルモンの作用などで抜けた毛の再生ができなくなることがあるようです。

 

抜け毛にも段階が有り、初期の段階であれば対応もそれほど難しくはありません。

 

それでも地肌が見えてしまうほど薄毛の症状が進んだ部分に、新しく毛を生え変わらせるのは非常に難しいといえるでしょう。

 

年をとり、年配になるにつれて薄毛が目立つようになるのがよくある薄毛ですが、最近ではまだ若い頃から薄毛の症状がでる男性もいます。

 

薄毛についての根本的な解決法はまだない、というのが実情です。

 

髪の量を増やしたり、髪の薄さを目立たないようにしたいと考えることもあるでしょう。

 

 

閉経がキッカケになることも

頭髪は、ホルモン分泌によっても変化するとされています。

 

女性の場合は男性のように完全に頭髪がなくなってしまうというケースはあまり見られません。

 

それでも、女性の髪も年齢と共に抜けていくのは事実です。

 

もともとしっかりした太い髪だった女性で、自分は薄毛の心配などないだろうと考えていた人が一転して脱毛に悩んでしまうこともあります。

 

女性ホルモンのバランスの崩れは閉経後に起こりやすいとも言われていて、その変化に伴って髪が細くなります。

 

若い頃はフサフサしていた髪が、60歳を越えた頃から、頭頂部から薄毛が顕著に進行してしまう女性というのは少なくないようです。

 

 

 

育毛ケアにかかる費用の比較

 

女性たちの薄毛対策の手段として「育毛剤を使った育毛ケア」「育毛サロン・クリニックでのケア」「ウィッグ・かつらの購入」などがあります。

 

あくまでも参考値ですが、それぞれの方法にかかってくる費用の平均を比較してみると・・・

 

このようになっています。

 

やはり育毛サロンやウィッグのコストは高いといえますね。

 

育毛剤の場合、金銭的負担も軽いですし、自宅で誰にも知られることなくケアできるというメリットもあります。

 

育毛ケアは早く始めるほどに効果も実感しやすいですから、髪の毛の状態が気になりだしたときには、早めのケアがおすすめです。

 

 

 

女性が男性用育毛剤を使っても効果はない?

 

男性用の育毛剤には「男性型脱毛症(AGA)」に特化したものもあり、そのような製品を女性が使っても効果は薄いのではないかと考えられます。

 

また男性と女性では、薄毛になる原因や頭皮環境が異なります。

 

そのため男性用育毛剤を使用したことで、比較的肌の弱い女性の頭皮環境が悪化したというケースもあるようですから、やはり女性は女性専用のものを使用することをおすすめします。