抜け毛が増える季節はいつ?そのときに育毛の集中ケアをすべきなの?

抜け毛が増える季節はいつ?そのときに育毛の集中ケアをすべきなの?

 

 

人間も動物の一種ですから、毛が抜けやすい季節というものがあります。

 

夏から秋にかけてが、そのシーズンになります。

 

秋に体毛が生え変わるのは多くの哺乳類に見られる現象ですが、人間の場合にも当てはまります。

 

これは動物の毛の生え替わり現象の遺伝子が、人にも残っているためとされているようです。

 

また、夏に起こることの多いさまざまな人間の体への負担が、蓄積されたダメージになって髪の毛にも影響を及ぼすとも言われています。

 

夏の強い紫外線、大量の汗、暑さによる疲れ・ストレス、長時間冷房に当たることでの夏バテなど、夏の疲れが薄毛症状の原因にもなっているようです。

 

そして40代以降の女性はホルモンバランスの変化によって、秋に抜けた髪の毛が元の状態まで戻りにくいという傾向があるようです。

 

秋は抜け毛が増えやすいことから、日頃やっている育毛の効果を感じにくい時期でもあります。

 

だからといって諦めずに「秋は髪の毛が抜けやすいものだ」と理解して、地道な育毛ケアを続けていくことが大事です。

 

薄毛に悩んでいる場合、育毛ケアは一年中行うべきものだと言えます。

 

抜け毛の原因を知り適切に対処していくことで、脱毛してしまう髪の毛の量を減らしていく努力が大切です。

 

頭皮に負担のかかる生活習慣を改めるところから、始めて行くべきだと言えるでしょう。

 

飲酒・喫煙・短時間睡眠・暴飲暴食・過度の精神的ストレスなど、髪の毛の健康を考えたときに避けるべき要因はたくさんあります。

 

すべてを一度に解決することは難しくても、少しづつ改善していくことは無理なことではないでしょう。

 

 

 

フケが抜け毛が始まるサインなこともある

 

髪の毛がフサフサと生えているのが正常な状態だとすれば、抜け毛が増え続け、再び生えてこないというのは異常な状態ということになります。

 

そのような異常が起こる前には、頭皮や頭髪に、なんらかの前兆が見られることも多いものです。

 

脱毛症状のサインを早期発見できれば、それだけ前もって抜け毛予防の対策もしやすくなると言えるでしょう。

 

そんな「抜け毛が始まるサインになりうるのが「フケ」です。

 

フケは季節の変わり目に発生しやすいとも言われていて、すでに述べた「毛が抜けやすい季節」との関係性も無視できないでしょう。

 

 

フケの異常発生の原因

“フケは脱毛症の注意信号” とも言われます。

 

フケはその発生原因がさまざまで、特定が難しいのですが、肉体や精神になんらかの不具合が出ているサインなのは違いありません。

 

ビタミン不足・代謝異常・頭皮が不潔な状態にある・内臓障害・アレルギー・アトピー性皮膚炎などが疑われます。

 

フケの発生事態に抜け毛との直接的な因果関係はないとされているものの、かゆみや毛穴づまりを引き起こす原因ともなりえます。

 

そのことがゆくゆくは脱毛症状につながっていくこともありますから、フケが目立ち出したら早めにケアしておくことが大切です。

 

フケが増えたときに、使っているシャンプーが肌に合っていないことが疑われることもあります。

 

洗浄力の強い市販のシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落としすぎることがあり、そのため頭皮が乾燥してしまう場合があります。

 

そのようなときは、刺激の弱い肌に合ったシャンプーに変える必要があります。

 

アミノ酸系のシャンプーであれば、髪にも地肌にも優しい製品が多いため、安心感は高いと言えます。

 

さらに育毛系のシャンプーなら、髪の発育を助ける有効成分が含まれていますから、薄毛予防のためを考えたときに、より効果的です。