生え際の後退を食い止める育毛剤の選び方

生え際の後退を食い止める育毛剤の選び方

 

生え際は毛髪が薄くなると、とても気になりやすい場所です。

 

前髪がさみしくなってきた・・・そう感じているならば、早めに対策することが必要です。

 

そのままにしておけば、生え際の後退はどんどん進んでいくことになります。

 

放っておいて改善することはありませんからね。

 

まずは生活習慣を改めましょう。

 

暴飲暴食をやめて、睡眠不足を解消し、毎日洗髪して頭皮を清潔に保つことが健康な髪を育てる土台作りになります。

 

それから、生え際の後退を食い止めてくれる育毛剤を使うようにすると、とても効果的です。

 

早く生え際に効く育毛剤を確認したい!という方はこちらをどうぞ

 

>>おすすめの生え際のための育毛剤はこちら

 

 

 

前髪の薄毛は男性特有のもの

 

男性に多い前髪から薄くなってくるタイプの薄毛。

 

生え際がM字型に後退してくることもありますが、これは女性には見られない進行の仕方です。

 

この薄くなり方は「男性型脱毛症」(AGA)の典型例だと言われています。

 

そして、この生え際の育毛は改善が難しい、時間がかかるというのが定説です。

 

前髪は一度脱毛すると、生えてきにくいんですね。

 

ですが、諦めてしまうのはまだ早いです。

 

現在では「生え際専用の育毛剤」「男性型脱毛症(AGA)対策に特化した育毛剤」というものもありますから、有効な手段として試してみる価値はあります。

 

 

生え際の薄毛は男性ホルモンの影響が大

男性と女性では抜け毛・薄毛の原因に違いがあります。

 

女性の抜け毛・薄毛は、老化や外的要因で頭頂部からだんだんと薄くなってくることが多い傾向にあります。

 

一方、生え際が後退していくタイプの薄毛は男性特有のものです。

 

こめかみから頭頂部へ向かってM字型に後退していくこともよくあり、おおむね頭頂部から始まる薄毛より進行は早い傾向にあります。

 

この男性型脱毛症(AGA)になる原因は、遺伝によるもの、生活習慣やストレスによるものなど諸説ありますが、男性ホルモンの影響も大きいとされています。

 

また、頭皮が固いと薄毛になりやすいと言われていますが、生え際の皮膚は固くなりやすい傾向があり、そのせいで血行が悪くなったり、十分に栄養が行き渡らなくなったりする要因となっているようです。

 

 

 

生え際の抜け毛が始まる3つの理由

 

男性ホルモンの影響を受けやすい

「男性型脱毛症」は男性ホルモンの影響によって起こるものです。

 

そのホルモンのなかでも、毛根を弱らせて毛髪の成長を妨げるのが【5α-DHT】と呼ばれるホルモンなのですね。

 

この【5α-DHT】、通常のホルモンのなんと5〜10倍の力を持つとされる強力なホルモンです・・・。

 

その厄介な【5α-DHT】が溜まりやすい場所が生え際なのです。

 

 

皮膚が硬く血行が悪い

おでこから生え際にかけての皮膚は、頭頂部に比べて構造上硬くなりがちです。

 

硬い皮膚は血行不良を招きます。

 

血行が悪くなると必要な栄養分が行き渡らなくなり、毛髪の成長が妨げられることになってしまいます。

 

 

皮脂分泌量が多い

前髪の生えている生え際周辺は、皮脂の分泌が非常に活発な場所です。

 

皮脂が多いと毛穴詰まりが起こりやすくなり、炎症が発生しやすくなるなど頭皮環境が悪化します。

 

 

以上の3つの理由が複合的に重なり合ってしまって、前髪の脱毛は “発生しやすく抑えにくい” という状況を生み出しているのです。

 

 

 

生え際のための育毛剤の選び方

 

現在では育毛剤もたくさんの種類がありますが、育毛効果が高いと言われるものはそれなりの値段がします。

 

安い買い物ではないですから、購入してから「自分には合わなかった」「使用感やニオイが嫌いで続ける気にならない」

 

などということにならないよう、選び方の基準を設けることをおすすめしておきます。

 

 

医薬品・医薬部外品を選ぶ

育毛の効果が認められているものは、医薬品・医薬部外品として販売されています。

 

ですから、どこで買うにしても、医薬品か医薬部外品の育毛剤を選ぶことは大前提だと言えます。

 

育毛薬は副作用の心配があり、医師の処方がないと使えませんから、ここでは「医薬部外品の育毛剤」を紹介していきます。

 

 

自分が使い続けられるものを選ぶ

育毛剤の効果をしっかりと感じるためには、短くとも3ヶ月以上の期間は使い続ける必要があるでしょう。

 

そのため、塗ったときの刺激があまりに強すぎるものは、継続する上での負担になりかねません。

 

「ピリピリした刺激がないと効いている気がしない」という人もいるようですが、育毛効果とはあまり関係がないという意見も多く耳にします。

 

含有成分が無添加のもの、化学成分を含んでいない育毛剤を選ぶことで、そういった無駄な刺激を避けられる可能性は高まります。

 

そのほかにも、使用感やニオイが自分の好みとかけ離れすぎているものは、継続して使うことが難しく感じられることもあるかと思います。

 

そういった面は、口コミの良いもの・リピーターが多いものを選ぶことで避けやすくなるでしょう。

 

 

返金保証が付いている

トライアルキットが用意されていたり、返金保証がついているものは気軽に試すことができます。

 

保証期間が短いものでも、薬剤の刺激の強さやニオイ、使用感などは確認できますから、自分に合ったものを選びやすいといえます。

 

 

 

おすすめの生え際のための育毛剤

 

以上の3つのポイントを抑えた「おすすめの生え際のための育毛剤」を紹介します。

 

信頼できるアイテムを使って薄毛対策を始めたいなら、この中から選べば間違いありません。

 

 

チャップアップ

 

 

 

有効成分の豊富さ、販売実績、リピーターの多さなど

 

死角がなく信頼度抜群なのが第一位のチャップアップです。

 

これまでの販売実績とリピーターの多さから信頼度抜群です。

 

AGAに対応する成分だけでも「オウゴンエキス」「チョウジエキス」「ビワ葉エキス」「ヒオウギエキス」など多数で、

 

発毛促進成分としては、「センブリエキス」「ニンジンエキス」海藻由来エキス「M-034」などが充実配合されています。

 

さらには、髪の毛の原料となるアミノ酸類も豊富。

 

正直、欠点がなく、薬品以外の育毛アイテムとしては最強だと太鼓判が押せます。

 

コスパの良い定期便をおすすめしたいところですが、まずは1本を単品で購入して使い心地を確かめるのもいいでしょう。

 

 

 

 

ポリピュアEX

 

 

 

ポリピュアEXも知られた育毛剤ながら、魅力はそのコスパの良さです。

 

AGA抑制成分や、頭皮ケア成分、さらに独自開発成分を配合しながら、2か月分で6,800円は本当にお買い得。

 

“安くて効果が期待できる” そんな育毛剤を探しているなら、有力な選択肢になります。

 

 

 

 

イクオス

 

 

 

人気度、有効成分の豊富さでチャップアップに次ぐ存在なのがイクオスです。

 

頭皮への浸透力を高めるために「低分子ナノ水」を採用しているのが特徴です。

 

 

 

 

生え際の育毛剤は効果が出るまでにどれくらいかかる?

 

育毛剤を使い出してから、どのくらいで効果を感じ始めるのか?というのは気になるところだと思います。

 

すでに生え際がやばくなっているという場合なら、なおさら早めに育毛効果が出てきて欲しいところですよね?

 

ただ、どの育毛剤を選んだとしても即効性は期待できない、というのが現状です。

 

塗って次の日起きたら髪の毛が増えていた!という育毛剤が発売されたらバカ売れするんでしょうが・・・。

 

今のところ、そういう商品は存在しません。

 

結論を先に言ってしまうと・・・

 

結論:確実な育毛効果を感じるまでには3ヶ月かかる

 

以下で、その理由について述べています。

 

 

 

ヘアサイクルの重要性

 

髪の毛の成長には周期があります。

 

「ヘアサイクル」と呼ばれるものです。

 

このサイクルを無視していては、育毛剤の効果をしっかりと感じることができなくなる恐れがあります。

 

このヘアサイクルには3つの段階があり、髪が生えてきてから抜け落ちるまでに

 

 成長期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期 

 

という過程を経ることとなります。

 

体の部位ごとにサイクルの長さは変わるのですが、髪の毛については一般的に3年から5年とされています。

 

思ったよりも長くないですか?

 

髪の毛は長生きなんですね。

 

 

 

ヘアサイクルの乱れを整えるのが育毛剤の役割

 

「髪の量が前より減ってしまった」

 

「生え際が寂しくなってきた・・・・」

 

という状況に陥っているということは、ヘアサイクルが乱れているか、すでに毛根が死んでしまっているかのどちらかだということになります。

 

毛根が死んでしまった場合には・・・残念ですが、諦めましょう。

 

ですが、ヘアサイクルが乱れが生じているせいで薄毛になっている場合には、対処法があります。

 

まだ諦める必要はないということです。

 

そのために育毛剤があるのですから。

 

現在ではさまざまな育毛剤が販売されています。

 

そして、当然ながらその役割は「抜け毛を減らし、強い髪が生えてくるようにすること」になります。

 

今生えている毛が正常な成長周期を取り戻せば ⇒ 抜け毛が減っていきます。

 

3年から5年をかけて、成長期・退行期・休止期を全うするのは ⇒ 健康で強い髪の毛です。

 

つまり髪の毛の成長を阻害する悪い要因を取り除き、健康なヘアサイクルを作り出すのが育毛剤の最大の仕事、ということです。

 

育毛剤の有効成分が頭皮から浸透して、その成分が毛母細胞に働きかけて、ヘアサイクルを整えるまでにはそれなりの時間が必要です。

 

あせることなく育毛ケアを続けていって、元気な髪の毛が生えてくるための正しいヘアサイクルを手に入れましょう。

 

 

2017年に1本だけ選ぶならチャップアップ!

 

 

 

生え際の薄毛を解消するために「1本だけ」選ぶとしたら、当サイトが推薦するのは断然「チャップアップ」です。

 

何よりも、市販の育毛剤では実現できていない『有効成分の豊富さ』が別格。

 

日本中の男性リピーターから支持され続けているのも納得の逸品に仕上がっているからです。

 

無添加成分のみでできていて副作用の心配がないので安心して使い続けられるのも、おすすめの理由です。